お葬式で大切な役割を持つ喪主

喪主はご葬儀・お葬式の内容に関する決定や、 弔問客や僧侶への対応などを行う、重要な役割です。
このようにご葬儀・お葬式の責任者になるのが喪主なので、ご葬儀・お葬式を滞りなく執り行うためにも、喪主についての知識をしっかりと持っておくことが重要です。

喪主と施主

ご葬儀・お葬式には「喪主」と「施主」がいます。喪主とはご葬儀・お葬式を執り行い、弔問を受ける喪家の代表者の方のことです。これに対して施主は、ご葬儀・お葬式の費用を負担する、「布施行」を行う方のことです。

戦前では、故人の長男が地位や財産を受け継いでいたため、喪主と施主を兼任していましたが、現在では法律が改正され、喪主と施主を別々で考えるようになりました。しかし、現在でも喪主と施主を兼任する場合が多く、それぞれが持つ役割が混同されがちです。

喪主の役割

喪主は喪家の代表者ですが、具体的にはご葬儀・お葬式全体の監督と、挨拶が主な役割です。喪主はご葬儀・お葬式の最終決定権を持つので、様々な案件の確認・承認をします。ご葬儀・お葬式の形態・日程・費用などのことを、遺族と相談し合い決定していきます。そのため、当日は予め決定された段取り通りに進行しているかを、確認することが主となります。また、お通夜やご葬儀・お葬式では喪主が挨拶をしなければならない場面が多く、これも喪主の大きな役割のひとつです。

挨拶文はご自身で考えても問題はないですが、例文を掲載しているサイトや書籍も沢山あるので、文章に自信がない方などは参考にすると良いでしょう。

喪主の決め方

喪主を選ぶ際に、最も重要となるのが故人の遺言です。故人の遺言で喪主の指定があった場合は、その遺言に従って選びますが、特に指定がなかった場合は、基本的には誰を喪主に選んでも問題はありません。

しかし、一般的には故人の配偶者やご子息、ご兄弟などの血縁関係の深い方から選ぶのが一般的です。
配偶者以降の血縁関係は深い方から、長男・次男以降の直系男性・長女・長女以降の直系女性、故人の両親、故人の兄弟姉妹の順になります。また、故人にこれらの血縁関係者がいなかった場合、知人・友人や入所していた施設代表者が喪主を務めることになります。こうした場合は、喪主ではなく友人代表・世話人代表と呼ばれます。

埼玉県川口市にあるひかりセレモニーでは、ご搬送・お通夜や葬儀の準備・ご遺骨などのご安置まで、お葬式に関することを全て自社で対応・サポートいたします。

様々な宗派に対応しており、それぞれのお客様のご要望に合わせて、高品質なプランを適正価格でご提供いたしますので、喪主様も安心です。また、事前相談生前相談やお見積りも24時間365日無料で承っていますので、埼玉県川口市のお近くでご葬儀のことでお困りでしたら、ひかりセレモニーまでお気軽にご相談ください。

PAGETOP