仏式のお葬式で使う数珠の基礎知識

仏式のご葬儀・お葬式に参列する際に必要な持ち物のひとつとして数珠がありますが、数珠には使い方やマナーが存在します。こちらでは数珠の基本的な知識についてご紹介いたします。

宗派に合わせた数珠を用意する

数珠は元々、お坊さんが経を読む回数を数えるために使用していた仏具・法具です。仏式の葬儀の場合は、宗派によって使用する数珠が違いますので、ご自身の信仰する宗派に合わせた数珠を用意する必要があります。また、信仰する宗派が決まっていない・宗派に対するこだわりがない場合は、略式数珠を用意すれば宗派に関わらず使用することも可能です。

数珠の基本的な使い方

数珠は基本的にはご葬儀・お葬式中は鞄などにしまわずに手に持っておきます。よく焼香の際に鞄などから取り出して使用する方がいらっしゃいますが、これはあまりよくないとされています。
座っている場合は左手首にかけ、移動する必要がある場合は房を下にして左手で持つのが一般的です。

左手で持つのには、仏教では左手が仏様の世界を、右手が私たちの世界を指しているといわれているためです。また、焼香の際は基本的には合掌した親指と人差し指の間にかけて使用しますが、宗派によって作法が異なるので注意する必要があります。

数珠を使う際の注意点

数珠を使う際に注意したいこととして、貸し借りしないことがあります。数珠は念珠とも呼ばれており、魔除け・厄除けお守りとしての役割もあります。

貸し借りしてしまうと持ち主の念が移ってしまうといわれています。そのため、数珠は一人ひとつずつ持ち、もし忘れた場合は数珠なしで参列しましょう。また、パワーストーンなどのアクセサリーとしてブレスレットタイプで販売されているものを使用することも避けましょう。

ご葬儀・お葬式で数珠を使う際には、使い方・マナーを守り参列することを心がけることが大切です。

埼玉県川口市にあるひかりセレモニーは、低価格な葬儀・葬式を完全自社対応で行っている葬儀屋です。お客様のご要望に応じて、様々な形態のご葬儀プランをご用意しております。また、事前相談生前相談も24時間365日受け付けておりますので、ご葬儀の準備や価格に関して不安がございましたら、お気軽にご相談ください。

PAGETOP