埼玉県の葬儀風習について

お葬式の風習やしきたりは、家族葬・社葬などのご葬儀の形態、仏教・神教・キリスト教などの宗教、東日本・西日本などの地域によって異なります。地域性の違いとして、埼玉県でも同様に他県とは異なる葬儀の風習が存在します。

先に火葬する

お葬式の流れとして、ご葬儀を執り行い告別式を終えてから出棺・火葬する「後火葬」が一般的です。しかし埼玉では、お通夜の翌朝のご葬儀・告別式の前に、出棺・火葬を済ませてからご葬儀・告別式でご遺骨を安置する「骨葬」・「前火葬」をする風習が残る地域が存在します。

骨葬・前火葬だった場合は、参列者が「故人と最後のお別れをしたい」と思って対面したくとも、すでに火葬後だったということも考えられます。そのため、埼玉県でお葬式に参列する場合は、お葬式の流れを確認しておくのが良いでしょう。

お見舞いという風習

お通夜に参列した方は、現金を不祝儀用ののし袋に包んだ香典を渡すのが一般的です。しかし、埼玉県の一部の地域では、お通夜に香典の他に「お見舞い」を渡す場合があります。お見舞いとはご遺族への経済的負担・お香の代わり・故人への恩返しである香典とは違い、入院中にお見舞いに行けなかった代わりとして、紅白の水引きをかけて渡すものです。

決してめでたいという意味合いではなく、生前にお見舞いに行くことができなかった分として、故人への気持ちを形にしたものです。

白装束で見送る

一般的にはお葬式に参列する場合は、黒を基調とした礼装に身を包みますが、埼玉県の一部では更に他のものを身につける風習が残る地域があるのです。埼玉県の一部の地域では、参列者が小さいサイズの金剛杖と、頭に巻きつける白い三角巾をつけて参列する場合があります。

故人は亡くなった後、三途の川へとひとりで向かい、仏様のいる浄土へと四十九日間の旅に出ます。この間、一週間ごとに裁判があり、三十五日目に閻魔様に会う際の正式な姿が、この天冠をまとった白装束の姿と言われているのです。この故人と同じ白装束をまとうことで、「三途の川までは故人を見送りたいという」思いが込められています。

埼玉県川口市周辺での家族葬などの様々なご葬儀・お葬式のことでしたら、ひかりセレモニーにお任せください。

家族葬だけでなく、お客様のご要望・ご予算・人数などに合わせた、祭壇や様々なセット内容などが選べる高品質なプランもご用意しております。また、事前相談・生前相談やお見積りも24時間365日無料で受け付けておりますので、川口市周辺でご葬儀・お葬式の価格費用などでお困りでしたら、ひかりセレモニーまでお気軽にご相談ください。

PAGETOP