弔電の基礎知識

ご葬儀・お葬式に参列することが難しい場合、お悔やみの気持ちを伝えるために送るのが弔電です。
通信手段が発達した現代もその文化は廃れておらず、多くの方が活用しています。基本的なマナーは知っておくと良いでしょう。

弔電を送る時期

弔電はご葬儀・お葬式に参列できない代わりとして送るものなので、お通夜や告別式に間に合うように、遅くとも告別式開始の1時間程度前には届くように手配するようにしましょう。

手配が遅れて告別式開始に間に合わない場合は、喪家・ご遺族の方に電話で参列できないことを伝えた上で、後日改めて故人宅に伺い、直接お悔やみを伝えます。電話をする際は手短に伝え、長時間話をすることは避けまましょう。

宛名・宛名・差出人の表記

宛先

宛先は一般的には式場になるので、予め式場の住所・電話番号を確認しておく必要があります。
式場が分からない場合は喪家宛に送ることになりますが、ご不在などで受け取りに不備が出てしまわないように、送る際には連絡する方が良いでしょう。

宛名

宛名は喪主様の名前で送るのが一般的です。
例えば、ご友人の父親が亡くなった場合に、母親が喪主であれば、「(母親の名前)様方」とします。
特定の個人に送る場合は、「(喪主様の名前)様方・(ご友人の名前)様」と、喪主名の横に記載します。
喪主が決まっていない場合は「(故人名)様ご遺族様」・「(故人名)様ご一同様」と表記しても問題ないです。また、式場などでは複数のご葬儀が行われる場合も多く、苗字だけでは他のご葬儀の方と混ざってしまう可能性もあるので、宛名はフルネームで記載するのが良いでしょう。

差出人

差出人の表記は遺族側が見てすぐに分かるように、差出人名の横に故人との関係を添えてあげるのが好ましいとされています。

例えば、「ご自身の名前(○○大学 ○○年卒 学友)」 と表記します。学校や会社関係者など複数人・連盟の場合は、「○○株式会社 ○○年入社同期一同 (代表:代表者の名前)」や「○○株式会社 ご自身の名前(○年入社同期)」などと代表者と関係者の名前を記載するのが良いでしょう。

弔電の申し込み

弔電は郵便局・インターネットの弔電サービスなどで申し込むことができます。インターネットサービスの中には、24時間受付対応ができるものが多いので、時間に融通が利かない方などはインターネットサービスがおすすめです。利用するサービスによって配達可能な受付時間が異なるので、ご葬儀の日程・開始時間を確認して申込み先を決めるようにしましょう。

弔電の書き方

弔電に記載する内容は特に決まりがあるわけではないので、自由に作成することが可能ですが、注意が必要な点が2つあります。

1つ目は故人の名前を敬称で表すことで、故人と受取人の間柄が実父の場合はご尊父様・お父様、配偶者であればご主人様・ご令室様などです。

2つ目は忌み言葉を避けることです。「重ね重ね」や「たびたび」などの重ね言葉、九や四のように音が不吉な数字や言葉、「死ぬ」や「生きる」など直接的に生死を表す言葉は使用しないようにしましょう。
また、仏教以外の方に送る場合は、「冥福」・「成仏」・「ご愁傷様」・「供養」・「往生」などの仏教用語は避けるのが良いでしょう。

埼玉県川口市にあるひかりセレモニーでは、ご葬儀・お葬式の準備事前相談を受け付けております。お客様のご要望に合わせて、ご搬送からご遺骨・お位牌・ご遺影のご安置まで、適正価格で責任を持って対応させていただきます。また、生前相談・事前相談やお見積りは24時間365日無料で承っておりますので、川口市周辺でのご葬儀・お葬式のことでしたら、ひかりセレモニーにお任せください。

PAGETOP