ご香典の表書きのマナー

香典の表書きは、宗教や宗派の考え方によって異なる点も存在するので、適切なマナーを知らなければ失礼にあたってしまいます。失礼にならないように、予め香典の表書きについて把握しておくことが大切です。

各宗派での香典の表書き

どの宗教・宗派でも不祝儀袋の水引きの上に表書き、水引きの下に送り主の名前を、薄い墨の筆ペンなどで記載します。 水引きは蝶結びではなく、「結び切り」または「あわじ結び」のものを選びましょう。

仏式の香典

仏式の香典では、何も書いていない無地ののし袋に白黒・双銀の水引きがかかっているものか、蓮の花の絵が描いてあるのし袋に、「御霊前」・「御香典」・「御香料」といった表書きをします。まれに「ご香料」と書く場合もあります。

浄土真宗の場合は、「御霊前」を使用せず、「御佛前」・「御仏前」と書くので注意が必要です。 また、「御霊前」を使用できるのは四十九日前までですので、それ以降の四十九日・新盆・一周忌などの法事の場合は「御佛前」・「御仏前」を使用してください。これは、四十九日後に仏の元へと向かうとされている、仏教の教えによるものです。

神式の香典

神式の香典では、無地ののし袋に白黒・双銀・双白の水引きがかかっているものに、「御神前」・「御玉串料」・「御榊料」などの表書きをします。

葬儀後の法事である五十日祭や式年祭などの場合も、同じ表書きで問題なく、宗派によって表書きが変化することもありません。神式の表書きにある玉串とは、参拝者や神職が神前に捧げるもので、榊の枝に紙垂を付けたものです。

キリスト教式の香典

キリスト教式の香典では、ユリの花や十字架が描かれたのし袋か、何も書いていない白無地の封筒に、「御花料」と表書きをします。

キリスト教では仏教・神教と違って、お香を供えるという考えがなく、「御香典」ではなく、「弔慰金(ちょういきん)」と呼ばれます。 追悼ミサや記念集会といったご葬儀後の法事でも、「御花料」の表書きで問題ありません。しかし、カトリックでは「御霊前」の表書きが認められていますが、プロテスタントでは認められていないので、宗派が分からない場合は「御花料」と書くのが良いでしょう。

ご葬儀の際に渡す香典には、故人への供養と、遺族への援助の意味がありますので、故人や遺族に失礼にならないように、しっかりと香典などのマナーを身につけておくことが大切です。

埼玉県川口市周辺でご葬儀の準備、ご葬儀の事前相談生前相談をお考えなら、ひかりセレモニーをご利用ください。他社に丸投げということは一切せず、完全自社対応をモットーにしておりますので、お客様のご要望に合わせた低価格のご葬儀・お葬式を行っております。また、見積りは24時間365日無料で受け付けておりますので、埼玉県川口市周辺にお住まいでしたらお気軽にご相談ください。

PAGETOP