お葬式で遺族と会話する際の言葉選び

葬式は遺族や故人と親しかった人にとって悲しいものです。こういった場面でどういった言葉をかけたら良いか戸惑ってしま方も多いと思います。

会話のシーン別で使う言葉

一般的なお悔やみの言葉として「この度はご愁傷様です」「この度は突然のことで大変でしたね」「心からお悔やみ申し上げます」などがあります。これらは良く使われる言葉ですので覚えておくと良いでしょう。

受付時

受付時は軽く黙礼するだけで問題ありませんが、何かを言う場合は「この度はご愁傷様です」と言うのが一般的です。

開式前

開式前の喪主・遺族の方は、参列者や僧侶さんへの挨拶・式の打ち合わせなどがあるので、忙しいことが多いです。そのため遺族への挨拶は手短にし、一般的なお悔やみの言葉と一緒に「お手伝いできることがあればお申し付けください」と声をかけるくらいが良いでしょう。

故人との対面時

故人と親しい間柄だった方は、最後に直接お別れをしたいという気持ちになることも多いと思いますが、必ず対面する前に遺族の許可を得ることが大切です。許可を得たら故人へ手を合わせ一礼します。「安らかなお顔ですね」などの遺族を労わる言葉と、許可をいただいたことのへのお礼の言葉を忘れずにしましょう。

使うことを避けた方が良い言葉

言葉の中には、お葬式で使うのを避けたほうが良い「忌み言葉」と呼ばれるものがあります。
忌み言葉とは「重ね重ね」や「返す返す」などの同じ言葉を繰り返すものや、「再び」や「続いて」などの死が次々起こることを連想させる言葉です。

日本では古くから「言霊」と呼ばれ、言葉には魂が宿るという言い伝えがあるので、お葬式の際は忌み言葉を避けた方が良いです。この他にも「たまたま」「くれぐれも」「いよいよ」「追って」「再三」などがあります。

多用に注意が必要な言葉

一般的に使われるお悔やみの言葉として、「ご冥福をお祈り申し上げます」という言葉がありますが、この言葉は多用するのには注意が必要です。これは冥土という言葉が仏教用語であり、神道やキリスト教では使われない言葉だからです。

また、仏教でも浄土真宗のように「死後は浄土へ行く」という教えがある宗派もあるので、使う際には事前に宗教や宗派を確認することが大切です。

事前に遺族へかける言葉についての知識を持っておくことで、遺族に失礼に当たらずに悲しみを伝えることが可能です。

埼玉県川口市にあるひかりセレモニーでは、ご搬送・お通夜や葬儀の準備・ご遺骨などのご安置まで、お葬式に関することを全て自社で対応いたします。様々な宗派に対応しており、それぞれのお客様のご要望やご予算に合わせて、高品質なプランを適正価格でご提供いたします。

また、事前相談生前相談やお見積りも24時間365日無料で承っていますので、川口市にお住まいでご葬儀のことでお困りでしたら、ひかりセレモニーまでお気軽にご相談ください。

PAGETOP