葬儀で使われる祭壇について

葬儀で大切なもののひとつに祭壇があります。こちらではご葬儀で使われる祭壇についてご紹介いたします。

祭壇が持つ意味

ご葬儀で用いられる祭壇は、故人の供養のために飾られると言われています。この祭壇の原型は昔のお葬式で用いられていた飾りだと考えられています。元々は小さい机の上に香炉や線香、生花や供物を飾るシンプルなもので、これが徐々に大きくなって祭壇が作られるようになりました。

戦後になるとご葬儀で立派な祭壇を飾ることが、故人への弔いの気持ちを表すという考え方が強まり、祭壇はご葬儀で大切なもののひとつになりつつあります。

祭壇の種類

ご葬儀で使われる祭壇には、主に「白木祭壇」と「生花祭壇」の2種類があります。
白木祭壇は木で作られており、「段」と呼ばれる部分と「輿」と呼ばれる二つの部分から構成されている祭壇です。輿は昔のご葬儀で行われていた「野辺送り」と呼ばれる、柩をお墓まで運んだ時の名残だと言われています。

これに対して生花祭壇は、名前の通り生花で作られた祭壇です。祭壇に使う花として菊や百合が使われることが多いですが、特に決まりはないので、故人が好きだった花を飾る場合もあります。
また、デザインも様々なものがあり、故人の人柄や思いを反映させることができるので、白木祭壇より生花祭壇を選ぶ方が増えています。

宗教ごとでの祭壇の役割

祭壇は宗教によって飾り方が変わります。

仏式葬儀

中央に置いた祭壇の左右に、菊や蘭、百合の供花を飾ります。この時に飾る供花は喪主や遺族の方、故人が生前に勤めていた会社などからいただくのが一般的です。また、仏教でも様々な宗派があるので、宗派によっても飾る祭壇や供花が変わります。

神式葬儀

祭壇に鏡・勾玉・刀の三種の神器や、森羅万象を現す五色旗、神への供物としてお米やお酒などの神饌、供花として榊が飾られます。

キリスト教式葬儀

仏式葬儀・神式葬儀と全く異なるのが、祭壇の中央に十字架が飾られることです。この十字架をカーネーションなどの花で飾ります。また、キリスト教式葬儀では生花祭壇を用いるのが一般的です。

埼玉県川口市にあるひかりセレモニーでは、花祭壇を使った様々な葬儀プランをご用意しております。お客様のご要望やご予算に応じて、様々なデザインの花祭壇を使った葬儀プランを適正価格でご提供いたします。ご搬送、ご葬儀の準備、ご遺骨・お位牌・ご遺影のご安置まで自社で対応しておりますので、安心してご葬儀を執り行うことが可能です。

また、生前相談事前相談も24時間365日受けてつけておりますので、お気軽にご相談ください。

PAGETOP