ご葬儀の形態について

一般的なお葬式である一般葬以外にも、直葬や家族葬、社葬、一日葬、自由葬など、様々な形態のお葬式があります。どの形態のお葬式にするかによってお葬式にかかる費用流れが変わってきます。

家族葬

家族葬とは遺族や親族などのごく近しい方のみで行うご葬儀のことです。お通夜や告別式から火葬までをごく少数で行い、本葬式は行わないか、家族葬自体が本葬式とします。ごく少数で行うので、ゆっくり静かに故人を見送ることができます。また、小さいサイズの斎場で執り行えるので、斎場選びに困ることも少ないです。

社葬

社葬とは会社でご葬儀を執り行う葬儀形態のことです。故人の生前の業績や実績を讃えるために、会社としてご葬儀を執り行います。会社の役員などの重要な役割を果してくれた社員に対して、執り行われる場合が多いです。

一般葬では、弔問を受ける喪主と、ご葬儀の運営責任者である施主が一緒である場合がほとんどですが、社葬は喪主を遺族・親族の代表の方が、施主を企業側が勤める形をとります。

一日葬

一般葬では、お通夜からご葬儀・告別式までを2日間以上かけて行われますが、これを一日で執り行うのが一日葬です。火葬当日に故人の遺族や友人・知人などが集まり、ご葬儀・告別式のみを行い、お通夜を行いません。一日でご葬儀を執り行うので、遺族や親族の身体的・精神的負担の両方を軽減することができます。

多くの場合はお通夜を省きますが、一日葬には特に決まった形式があるわけではないので、お通夜をメインとして執り行う場合もあります。

埼玉県川口市にあるひかりセレモニーでは、一般葬だけでなく家族葬などのお客様のご要望やご予算に合わせたご葬儀を行なっております。完全自社対応をモットーに、祭壇や様々なセット内容などが選べる高品質なプランを、適正価格でご提供いたします。

また、事前相談・生前相談やお見積りも24時間365日無料で承っていますので、川口市にお住まいでご葬儀のことでお困りでしたら、ひかりセレモニーまでお気軽にご相談ください。

PAGETOP