お葬式・お通夜の服装について

ご葬儀・お葬式の知らせは突然やってきます。そんな時にどんな服装を着て行けば良いのか戸惑ってしまう方もいらっしゃると思います。現代では葬儀・お葬式の仕方は様々ですが、一般的なお葬式での服装を知っておくことで、もしもの時に慌てずに済みます。

遺族・喪主の服装

以前は喪主側である遺族や親族は、弔辞の際は正式礼装を着用するのが基本でしたが、男性はブラックスーツなどの略礼装、女性の場合は通夜・お葬式・告別式で洋装の正式礼装を着用するのが一般的になりつつあります。

男性

胸元はシンプルに白地無地のシャツに、ネクタイも黒無地のものを着用します。スーツはシングルかダブルのブラックスーツで、時計やネクタイピンなどの派手なアクセサリーはつけません。カフスボタンをつける場合は黒石のものをつけ、靴下は黒無地のもの、靴は光沢のないシンプルのものを履くのが一般的です。

女性

髪はまとめ、髪飾りなどはつけない方が良いですが、つける場合は光沢のない黒のリボンやバレッタを選ぶのが良いでしょう。結婚指輪以外のアクセサリーは控え、マニキュアも落とし、お化粧もシンプルにするように心がけます。

上着は長袖にし、スカートは正座した時に膝が隠れるぐらいの丈の長さが良いです。ストッキングは黒無地のものにし、靴やバッグは黒の布製が正式ですが、光沢のない革製で金属などの飾りがないものでも問題ありません。ヒールの場合は3cm~5cmくらいの低いものが良いです。

お通夜の参列者の服装

参列者の場合お通夜で礼装を着て訪れるのは、不幸を予期していたかのようで失礼に当たるとされてきました。しかし、ご葬儀や告別式の代わりにお通夜に出席する方も増え、お通夜でも礼装をする方も多くなりました。

男性

男性の場合はブラックスーツやダークスーツ、目立たないストライプなどの地味なものにし、勤務先から駆けつける場合はネクタイと靴下だけ黒に替えて出席するのが良いです。

女性

洋装なら黒や地味な色のスーツやワンピース、アンサンブルにし、和装なら地味な色のものに無地の黒帯が良いです。

埼玉県川口市周辺でお葬式やご葬儀の事前相談でしたら、ひかりセレモニーをご利用ください。ご葬儀の準備やご遺骨・お位牌・ご遺影のご安置まで、責任を持って自社で対応する完全自社対応をモットーに、高品質なプランを適正価格でご提供させていただきます。

生前相談・事前相談やお見積りは24時間365日無料で承っておりますので、ひかりセレモニーまでお気軽にご相談ください。

PAGETOP